Home » Shunchu And Shunchu Gokoku - Izumi Kyoka Modern Japanese Translation Series 4 by Kyōka Izumi
Shunchu And Shunchu Gokoku - Izumi Kyoka Modern Japanese Translation Series 4 Kyōka Izumi

Shunchu And Shunchu Gokoku - Izumi Kyoka Modern Japanese Translation Series 4

Kyōka Izumi

Published November 24th 2012
ISBN :
Kindle Edition
98 pages
Enter the sum

 About the Book 

泉鏡花の小説「春昼・春昼後刻」の現代語訳。【あらすじ】夢を見ないか-と人に勧めているような、この上なく麗らかな春の日に、一人の散策者が三浦半島の付け根にある山寺を訪れる。あたりに張り散らされた巡礼札の中、美しい女文字で書かれた和歌に目を留めた彼は、寺を守る出家から、この歌にまつわる不思議な話を聞かされる。それは、互いに触れ合うことも、言葉を交わすこともなく、常識では計り知れない情念の働きかけと受け止めによる、夢の契りで結ばれた男と女の物語だった。寺を辞し、出家の話に思いを巡らしながら宿へ戻る途中、散策者は自分の行く手にその女主人公の姿を認めるのである。【あとがき より】本書は、明治後期から昭和の初めにかけて活躍した作家、泉鏡花(1873-1939)の作品の現代語訳である。鏡花の作品世界に満ち溢れる、美妙幽玄な魅力を音に聞き、それを味わってみようと足を踏み入れたものの、特異な文体によって描き出される風景の綺羅のような輝きに目を眩まされ、道半ばで現の世に戻らざるを得なかった人はけっして少なくないだろう。訳者が目指したのは、現代の一般的読者が、大きな困難を感じる